2020年08月14日

CoCo壱番屋という食べ物 白身フライカレーをお醤油で

チェーン店にはあまり行きませんと言っておきながらの2連荘投稿(笑)。

名古屋エリア発祥のチェーン店、カレーハウスCoCo壱番屋。

もともとは、創業者が喫茶店でだしていたカレーがもとになっているとのこと。喫茶店で飯をくう、名古屋文化から生まれたわけだ。うん、名古屋っぽい。

このブログのテーマにもなっているカレー。ココイチのカレーはカレーのひとつのジャンルではあるが、ココイチはココイチ、もうそれは一つの食べ物のような気がする。

私はカレーが食いたいなあというときはここではない。ではいつかというとたまにやって来る、「なんかココイチが食いてえなあ」という状態。

「ココイチ」の数あるトッピングの中でも、フライ系を合わせるのが好みだ。

IMG_6919

最近トンカツを食べることが続いていたので、この日は白身フライにした。

白身フライも大好きで、弁当であればこのフライの載った「のり弁」が好き。

で、実は白身フライには醤油をかけたい。いつのころか、揚げたてのアジフライに醤油をたらし「ジュッ」と音がしそうなくらいの香ばしいのを頬張った時の旨さで病みつきに。魚介系フライものには醤油が多くなってきた(冷めたらソースも)。

はなしが逸れたが、試しに聞いてみたらあるじゃないか「醤油」。

IMG_6920

俺以外にもフライに醤油派の人がいるのかな。

話はぶれましたが、個人的に「ココイチ」という名古屋めし認定、というお話でした。

2020年08月13日

にんにくバターのごろチキコンボ牛めし@松屋

めったにチェーン店にはいかないのだが、けっして嫌いというわけではない。
牛丼は安く早く、たま〜に食べたくなるものの一つだが牛丼が食べたくなったときは吉野家が多いかな。すき屋、松屋といろいろある中でも味的に好みだからだ。

ただ今日はたまたま時間がなくて通りがかりの松屋に入ったときに出会った夏メニューを記事にしたい。

「にんにくバターのごろチキコンボ牛めし」650円と名付けられたこいつ、一瞬目の中にこのメニューが飛び込んできたときにはチキンなのか牛なのか良くわからんかったが、要はあい盛なのね。

ニンニクとバターというところが、想像するだに食欲をそそる。

IMG_6917

ニンニク醤油だれというだけでも飯がすすむが、溶けたバターがよく合うよね。
かなりインパクト強い味だよ。ただ牛肉がかすんじゃうね。
がっつりとイカせていただきました。

swimmer060522 at 11:30コメント(0) この記事をクリップ!
探索日誌 
2020年08月12日

テラス席で朝飲茶(ヤムチャ)その2 「春満園」@深セン蛇口

深セン南山エリアのおすすめ広東料理、飲茶ヤムチャのお店「春満園」の話を書くのはこれで三回目。
どれだけ気に入ってたかわかるでしょう(笑)。
朝も、夜も、安くて美味しくて素敵。この店に歩いていけるところに住めたのは幸せでした。

過去の記事はこちらをご覧ください。



2014年3月、香港を従弟に案内してもらい、そのまま深センに連れ帰りアパートメントに泊まってたもらった。翌朝今度は私のお薦め飲茶を食べに行こうということになってこの「春満園」にやってきた。

IMG_6957

気持ちのいいテラスの席で鳥の声を聴きながら朝ヤムチャだ。

IMG_6958

前日まで香港で、前夜は深センで夜遊びをしていたので、朝飯は軽めに。

IMG_6959

IMG_6961

IMG_6960

って、なんだかんだ食いましたね。。。(笑)
お茶も注文し、温かいお茶をゆっくりといただく。疲れた胃に優しい朝食のつもりでした。

日本でもこういう朝飯の摂り方ができると嬉しいのだが。

2020年08月11日

沾仔記 皇后大道店 (Tsim Chai Kee Noodle)

2014年3月「龍記飯店(Lung Kee)」の次に訪れたのが「沾仔記(Tsim Chai Kee )」飯の後は麺だ。



この「沾仔記(Tsim Chai Kee )」、ビフグルマンとしてミシュランに掲載されている店だ。

IMG_6952

有名なのは雲吞麺なのだが、他にも魚肉の団子(いわゆるつみれか)とか、牛肉のトッピングもあり、もちろん一種類だけでもよいのだが、3種全部盛ることもできる。

IMG_6955

で、私は3種盛りにしてみた。ドン!とでてきました。
でかいよ全部、麺の丼は香港らしく小ぶりなのに、そこにごっちゃりと載せられてるところが庶民的で微笑ましいよ。
海老プリプリのワンタン、つみれも、牛肉もそれぞれに良いのだが、シンプルに軽くいきたい人は海老雲吞の一択でよいでしょう。

IMG_6954

店内もキレイ目で、香港の庶民食堂の中ではレストラン的。

IMG_6956

こやって路地で飯を食うアジア的な光景も2020年コロナ禍の現在、いったいどうなっているのだろう。また、気軽に香港に行き、ストリートフードを楽しめる日が早くやってきますように。

沾仔記 皇后大道店中華粥 / ソーホー / ノーホー)

昼総合点★★★☆☆ 3.3



2020年08月10日

香港の庶民めし「Lung Kee Restaurant /龍記飯店」 香港中環

2014年3月、香港に住む従弟に会いに深セン湾からバスで越境。
赤柱/スタンレーをブラブラしたあと、セントラルに戻り飯を食う。

従弟お薦めの店「龍記飯店」。

IMG_6951
(同じ14年に移転をしてしまったらしいので、この写真は今の店とは違います。)

庶民的な食堂であり、肉惣菜の販売店でもあるようだ。

IMG_6949

店の奥にもこんがりローストされた豚ちゃんや鴨さんが客を待つ。

広東料理の中でも大好きな「脆皮焼腩」と、これも従弟のおすすめ「叉焼」をチョイス。

IMG_6950

サクサクにローストされた豚肉、脂が適度にあって旨い。そしてチャーシューも甘味が強すぎず確かに美味かったと記憶に残る。
それにしても豚に豚である、半分は鴨か鶏にしろよと6年前の自分に言いたい。

Lung Kee Restaurant広東料理 / 中環 セントラル)

昼総合点★★★☆☆ 3.5




2020年08月09日

名古屋コーチン親子丼をテイクアウトしてラウンジでビールとともに食す 「鶏三和 中部国際空港セントレア店」愛知県常滑市

朝一の便で名古屋に戻ってきたが、朝めし食ってないのでどうしたものか。
出発フロアの上、4階の「ちょうちん横丁」飲食店もすべて開いているわけではない。

ならば、テイクアウトしてラウンジに持ち込んで食べよう。なぜなら落ち着いて、しかも飲み物とともに食べることができるから。

選んだのは「鶏 三和」名古屋コーチンで有名ですね。ここは朝8時から営業している。買ったのはそこのコーチン親子丼と塩こうじから揚げだ!

1階のカードラウンジに持ち込み、まずはから揚げをつまみにビールをいただく。朝から飲んでしまいます。

IMG_6915

作りたて、揚げたての親子丼とから揚げを持ってすぐに移動すれば大して冷めはしない。空いている空港とラウンジだからこそやろうと思える技だ(笑)。このカードラウンジは到着後も利用できますし、なによりハートランドビールが飲めるのが価値。
親子丼はやはりコーチンのしっかりとした弾力のある肉、ふわとろ玉子とのからみで飯が一気に行けちゃいますね。

IMG_6916

この親子丼はスープも付いて、1000円しない。空港めしの中ではコスパ高いと思います。

鶏三和 セントレア店鳥料理 / 中部国際空港駅

テイクアウト総合点★★★☆☆ 3.2




2020年08月06日

静岡でとんき特製みそとんかつ 「みそかつ とんき」静岡駅近く

タイトルのとおりの文字が店の建物にでかでかと書いてある。
静岡で名古屋めしの代表格「味噌カツ」を食う。

このお店、私が静かに住んでいた時分からあるから老舗と言っても良いぐらいの歴史がありそうだ。
下手すると名古屋のどぼ漬け味噌カツよりいいかもしれん。味噌だれが美味いのだ、しかし、やはり味噌カツはくどいと感じることもある。その味の濃さから食べ続けると飽きてくるんだよな。

久しぶりに訪れたこの日に思い付いた。

「味噌だれを別皿にできますか?」

IMG_6910

二つ返事でOKでました。ほかにもこの頼み方するお客もいるのでしょうね。
味噌汁の右上が味噌だれ。

IMG_6911

揚げたてのトンカツ登場したら、いきなり味噌だれにつけず、いつもの通りそのままかじりついて。
そして、いつもならアツアツのうちに塩か醤油をひとと垂らし。だが、今日は味噌とソースを交互に味わう。これはトンカツ無限ループに陥りそうだ。

紫蘇のふりかけもあるので、さっぱりと。

IMG_6912

ランチタイムはこの定食が800円だったかな、ともかく1000円でおつりがくる。
駅前ランチとしてはコスパ的にもおすすめです。

とんかつ とんきとんかつ / 静岡駅日吉町駅新静岡駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2




2020年08月03日

氷屋さんのかき氷 「井上製氷店」北名古屋市西春駅前

昔ながらの氷屋さんのかき氷があると聞いて、子供を連れて行ってみました。

名鉄犬山線西春駅の近く、西口を出てすぐに右。岩倉街道と線路との間の道を駅から線路に沿う形で北に向かうとすぐにその氷屋さんはある。


IMG_6899



「井上製氷店」さん。

昭和だ、この界隈だけは時間の流れがゆっくりだったのだろうか。

 

IMG_6900



近所の子供たちがお母さんとかき氷を買いに来ている列に並び、どんどん作られていくかき氷を見ている。

噂通り、気前の良い盛りだ。見るからに薄くフワフワの氷。

 

宇治150円。今時なんという安さ。

 

IMG_6901



店の脇の日陰部分に長椅子があるのでそこに座り食べることもできるが、テイクアウト?することにした。

すると、「歩きながら食べると(いや、座って食べてものはずだ)氷のタワーが崩れる」ので、ラップを巻いてくれた。

これで、安心。

 

薄く削られた氷の層がフワフワしていて舌の上で軽く溶けてゆくのが気持ちいい。

この界隈の雰囲気にも、かき氷からも、子供のころの夏休み気分になることができて、気持ち良かった。

 

駐車場は無いので電車で行くか、駅近くの有料駐車場を利用するのが良いでしょう。

当然氷屋さんなので、かち割氷なんかも売っている。買って帰れば晩酌のハイボールが確実にグレードアップするであろう。

井上製氷店かき氷 / 西春駅
テイクアウト総合点★★★☆☆ 3.3



2020年08月02日

文句なしに美味しいフカヒレ 「楽・食・健・美 -KUROMORI-」仙台市

今回は明確に本格グルメである。贅沢をさていただきます!

仙台市向山にある某グルメサイト評価「4」を超えた、中華料理、フカヒレの姿煮の名店だ。

IMG_6868

「楽・食・健・美 -KUROMORI-クロモリ」

IMG_6869

カウンターに座り、後ろを振り返ると大きなガラス越しのビューは仙台駅付近市街。
広瀬川を眼下に見下ろし、食事を進めるにつれ、薄暮から夜の景色が見られます。

夜のコースは「薬膳スープ」から始まる。

IMG_6870

胃が温まりとても良い気持ち。少量なのが恨めしいほど滋養美味。

次に「大根餅」。

IMG_6871

こういたちょっとしたもの、と言ってしまうと失礼かもしれないが、丁寧に作られたんだろうなと感じる美味しさ。

ここから魚、肉料理、そして目当てにしていたフカヒレと続くわけだが。続きを読む

2020年08月01日

仙台駅ビルで東北の日本酒、そして久しぶりの海鞘(ホヤ)

海鞘(ホヤ)を食べたくて、ホテルから仙台駅近くの知り合いの店に行く途中。

仙台駅のNEW DAYSで、ランチパックの味噌カツ風を発見。

IMG_6848

ランチパックはどんどん地元グルメを増やしてるね。それにしてもなぜ仙台で名古屋の味噌カツなのか。

駅ビルの土産物屋の並びに酒屋さんがあって、ここでは100円で東北の地酒が飲める。

IMG_6849

今回はすごいぞ。気仙沼の水鳥記だ。一番右の夏酒はこのあと、店で海鞘(ホヤ)を食べながら飲むつもりなので、裏隠し酒を味見。

IMG_6850

100円を入れると少し日本酒が注がれる仕組み。冷蔵庫式自販機で、味見をしてから日本酒を購入できるのがありがたい。しかも増量キャンペーン中でいつもの2倍だ、ラッキー(笑)。

ここらのお土産物屋は牛タンや笹かまぼこ、塩釜の有名な寿司屋カウンターなど、色々とあって買い物も楽しい。
笹かまぼこ屋ではカウンターで特別な笹かまぼこを肴にビールを飲むこともできる。

さて、店では海鞘(ホヤ)酢に牛タン、そして水鳥記を堪能。

IMG_6851

苦手な人が多い海鞘ですが、新鮮なものは本当に清々しい香りで美味しい。
日本酒とのマリアージュ、気持ちのいい夜。東北は本当に美味しい!

2020年07月30日

立ち呑みで立ち食いの蕎麦居酒屋?「葵 仙台駅前店」

仙台駅近く、パルコ2の裏辺りの有名観光スポットであり仙台の台所「仙台朝市」の近くにある「葵」。

これはなかなか面白い店で「立ち食いソバ(ラーメンもあるけど)」+「立ち飲み(座ることもできるけど)」を合わせたようなお店。

食券機で食べたいものを買うスタイルなのですが、当然それぞれお得です。

私のお気に入りは蕎麦だねの「紅ショウガ天(100円)」で酒を飲むこと。


IMG_6839



すこし蕎麦つゆをかけてもらい、天ぷらのサクサク感とつゆの味がちょっと染みかけたフニャリ感の混ざった食感が大好き。ビールにも酒にもいいね。今回はツレもいたので「野菜天(100円)」も同じように。ビールの回数券(少しお得)を買うと昼のみスタート。



どのおつまみも100円から250円が主、300円以上のものは高級品だ、食べたことない(笑)。


IMG_6840



この日もかき揚げ天ぷらでスタートしたあと、「鴨ロース」にこの「鯖味噌」を追加、仙台味噌でしょうか、白っぽい味噌も脂ののった鯖によく合って美味し!酒が進む進む!


この日は市場での魚の仕入れがないので、食べたかった刺身がなかった、残念だが当たり前だよね。いつも何でもあると思っていることに反省。そこで、同じ200円食券を白身フライに変更。揚げたての衣に醤油を人たらしして食べるのがこれまた大好き。


IMG_6841



いったいどれだけ飲んだだろうか、いい加減にしめなければということになってツレは酸辣湯麺(スーラータンメン)。


IMG_6842



ここはラーメン系も食べられる。酸味と辛みが旨い。


IMG_6843



私はこれも東北で好きになった冷やしかけ蕎麦。麺が伸びずキュッとシマった感じが飲んだ後に心地よい。


昼からベロベロの幸せを噛み締める。

駅近のホテルに戻り、ひと眠りした後は東北の旨いもんを食いに再出発、という食べ飲みツアーの幕開けの一軒目でした。

葵 仙台駅前店そば(蕎麦) / あおば通駅仙台駅広瀬通駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3



2020年07月29日

あっさり塩味の鶏そば 「好麺(ハオメン)」静岡県浜松市

久しぶり飲んだ勢いでシメのラーメンをやらかしてしまった。でも良いじゃないか美味しければ。
「好麺(ハオメン)」は浜松駅の南口直ぐにあり、駅周辺飲みから展開しやすい。
店に入るとまずは枝豆でビールを。注文は名代の「鶏そば(700円)」。

IMG_6836


澄んだスープに水菜の青さがいいね、美味しそう。
あとはメンマとこれまたサッパリとした鶏胸肉がトッピング。あっさりしてるけど旨味十分なスープは気を付けないとうっかり飲み干してしまう。

今度は素面で食べてみたい。特に夏なので冷やしと行きたいね。

好麺ラーメン / 浜松駅新浜松駅第一通り駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0



2020年07月27日

お勧めの名古屋めし 地雷也の天むす

名古屋駅の売店で地雷也の天むす弁当を買う。
IMG_6815
IMG_6816

天むす参加におかずが入っていて734円。
新幹線の中で軽く昼飯を食うにはちゃうど良い量だ。
IMG_6817
IMG_6818

天むすは、別におにぎりの中に海老フライを入れなくても良いじゃん、と言われれば返す言葉もないが、甘辛のたれを吸った小ぶりの海老フライがこれまた小ぶりの握り飯に合うんだ。大人の男なら一口にいけてしまう。
たれ、海老、海苔、飯を口の中で渾然一体にと言うやつだ。

地雷也の天むすだけの包みも売っているので、名古屋駅にお寄のさいは是非どうぞ。


2020年07月26日

ある日の四川料理レストラン

中国赴任中に四川に行く事が出来なかった。重慶までだ。三国志好きな私は成都に行ってみたかったのだが、実現させる事が出来なかったのが悔やまれる。

だからというわけではないが、辛いもの好きでもあるので、よく四川料理を食べに出掛けた。
庶民的な路面店から、この写真のように商業城(大型ショッピングモール)のレントランまで。
IMG_6739

ここはやはり上海浦東エリアのショッピングモールにあるレストラン。
レストランと言えども日本での食事代より安くつくのが中国の魅力。

この日も家族で色々と食べるわけだが。
IMG_6740

ピリ辛の四季豆。インゲン豆かな?どの料理屋にもある食材で炒めたものも含め家族皆好きだ。
IMG_6741

そしてこれまたうちらの鉄板。キクラゲ。ピリ辛コリコリで子供も箸が止まらない。
IMG_6742
IMG_6743
IMG_6744

これらも結局何料理屋にもあるね。

ここから本番。
IMG_6745

麻婆豆腐。
これは日本のものとは違う。もちろんこちらが本家なのだから(上海で四川料理食ってるオラが言うのも変か)日本は上手いことアレンジして定着させたと思う。
豆腐も味わいも違う、さらにオイリーだ。
まず調味料が違うよね。そして花椒。痺れる辛さ「麻」の強さ。
日本と中国の麻婆豆腐、どちらが良いという話では無い。どちらにも良さがある、味わう方にもダイバーシティ性は高い方がそれだけ人生の楽しみも大きくなるというもの。
IMG_6746

最後に坦々麺。
小ぶりの腕に入っているのでオヤツっぽい量。シメにはちょうど良い。

これも日本でよく見かける物とは違うが、坦々麺は中国で食べるものの方が私には合うな。
何でもあるTOKYOならば、これら本格も食べられるのだろうか。
探索を続けねばならない。


2020年07月25日

新しい人気名古屋めし台湾まぜそば 「麺屋はなび セントレア店」愛知県常滑市

中部国際空港(セントレア)4Fレストランフロアにある「麺屋はなび」

台湾まぜそばっていつできたんだろう?岐阜タンメンとともに名古屋を離れている間にブームになっていたようだ。台湾ラーメン文化からの展開としての新名古屋めしの地位が確立か。

妹から美味しいと聞いていたので以前食べてみたが、俺には味が濃すぎると感じていた。名古屋めしには味が濃くて旨いのだが多くは食べ続けられないものがあるな。味噌カツがそれだ。

と言いつつも、また食べたくなるから不思議だ。ましてやつけ麺まぜ麺好きなのでつい店に入ってしまった。

IMG_6721
「台湾まぜそば」(810円)
IMG_6720

IMG_6722

IMG_6723
IMG_6724

登場した麺のルックスはこのブログタイトルにピッタリのB級グルメ感満点のフォトジェニックさ。 テーブルの近くに貼ってある食べ方指南通りにやってみよう。 混ぜ切ってしまった後の見た目はちょっとなんだかなあ、この辺もうちょっと上手くやらねばな、ブログ的に、と独り苦笑。 台湾ラーメンの様に中央に盛られた挽肉、薬味や魚粉、卵など、濃い味のタレと混ざり合った麺は、やはりこってりと旨い。ちょい遅れでピリ辛やってくる。期待通りの味。 このエリアにこのまま根付いて進化を続けてほしい麺だ。

麺屋はなび セントレア店ラーメン / 中部国際空港駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



カテゴリー別ページ
月別アーカイブ
最新コメント




Google
 
Web全体 B級グルメ探索日誌内検索

ラーメン カレー グルメ 静岡 飲食店