2014年11月22日

北京 頤和園で炸醤麺(ジャー ジャーメン)

北京エリアの有名な麺と言えば、 炸醤麺(ジャー ジャーメン)! 写真のように混ぜて食べます。 2014-09-05-14-44-04
2014-09-05-14-46-05
2014-09-05-14-47-13
中国には色々な種類の麺が有りますが、これは日本人にも馴染みやすいかな。

2014年10月07日

北京料理 花家怡園 (八爺府王府井店)

花家怡園(八爺府王府井店) 花家怡园八爷府王府井店 2014-09-04-20-52-46
2014-09-04-20-53-04
北京の続き。 王府井でアシスタントのスーちゃんの大学時代の友人と合流して、ちょっと高級な北京料理の店に行った。 もう北京ダックはいらなかったので、初めて食べるものを幾つか注文。 最初はスープの、佛跳牆。 2014-10-04-01-12-02
あまりの美味しさにお坊さんも塀を跳び越えて食べに来ると揶揄される。食材によりピンキリのお値段ですが、これは何とか払える金額のもの。 滋味溢れる身体に良いスープだね。 覇王鶏 2014-10-04-01-00-54
これもこの店の人気メニューらしい。 盛り付けも本当に美しかったけど、写真とる前にスーちゃんに混ぜられちゃった。 美味しかったから良いんだけどさ。。。 花家白菜。 2014-10-04-01-07-08
この店の名前を忘れてたけど、花家怡園(八爺府王府井店)と言います。 北京の家庭料理らしい。 これもとても美味しかった。 花家料理桂花魚 2014-10-04-01-04-03
これもどうも名代の料理の様だ。約500gで250元弱。これ一品で一万円弱もした。高いだけあって今まで中国で食べた淡水魚料理の中でも群を抜いてい旨かった。 京八件 2014-10-04-01-17-45
中国的デザート。 スーちゃんの学友が、北京に来たらこれを食べなきゃ!と言うので。観ためも美しいく、とても雰囲気が良いよ。 最終日は頤和園へ行き、今回の北京ビジネストリップは終了です。

2014年10月04日

王府井 小吃街

大分間が空いてしまいましたが、北京の続き。 繁華街の王府井にある小吃街。 色々なお土産の他に、おやつ的な物を売る店や飲食店が所狭しと並んでいて、とても楽しい場所。 蠍など普通日本では食べな生き物の串の他に内臓系や臭い豆腐など売ってるので、臭いが辛いのですが、これもまた日本では体験出来ないので楽しみましょうか。 2014-09-04-20-06-55
2014-09-04-20-08-40
2014-09-04-20-12-20
2014-09-04-20-12-26
2014-09-04-20-13-04
2014-09-04-20-13-07
2014-09-04-20-13-55
2014-09-04-20-14-01
2014-09-04-20-14-23
2014-09-04-20-15-11
2014-09-04-20-30-17
2014-09-04-20-31-48
苦手なかたも多いと思うので、虫系の写真はアップしません。 さて、ここで食べたのは現地の地ヨーグルト?に臭豆腐。 2014-09-04-20-35-18
2014-09-04-20-31-55
ヨーグルトは甘過ぎずなかなか美味しい。 臭豆腐は文字通りかなり臭いのですが、食べてみると意外と普通。 この後デートの予定があれば絶対に食べてはいけない食べ物でしょうね。

2014年09月08日

北京火鍋 東来順@北京 前門大街

深センでも辛い火鍋をよく食べるのですが、ここは北京、やはり京風の火鍋を食べなければならない! そこで向かったのが東来順という店。 2014-09-02-19-24-24
2014-09-02-19-24-28
2014-09-02-19-24-40
北京式の鍋は下に石炭を入れて加熱しながら食べる。真ん中は煙突みたいな物ね。この上に蓋を付けて開閉度合いで火の加減を調節するらしい。 2014-09-02-19-43-30
2014-09-02-19-43-44
スープや調味料は何種類か有るので、店員に聞いて代表的な物を選んでもらった。スープは透明、中に漢方薬っぽいキノコやら種やら色々と入っている。調味料は胡麻系の物と辛いやつ。羊肉は一番高いのを注文。 2014-09-02-19-48-21
2014-09-02-19-48-25
2014-09-02-19-49-47
2014-09-02-19-52-00
と、こ、ろ、が! なんだ、この一つも二つも何か足りない味わいは!つけダレ以外は味がほぼ無い。 調味料も辛そうで大して辛く無い。 スープを足してもらった時に確信した。これはお湯だっ! スープというよりまさに湯(タン)だな。スープもミスチョイス。 まあまあいけたのは羊肉の串焼きぐらいでした。 2014-09-02-19-49-07
翌日、会社の同僚に聞いたら皆が口を揃えて。 あの店は高いだけのチェーン店であまり美味しくないよ、、、とのこと。 気を取り直して、次の美味い物探しましょう!

前門大街へ続く古い町並み

二日目の夕方、前門大街で食事をするために古い町並みを抜ける。 地元の飲食店を覗きながら歩きました。 最後の写真のモツを煮込む鍋、凄くないですか。モツの種類といい、量といい大きな鍋で目一杯煮られている。辺りに漂う匂いも強烈! 食べてみたかったのですが、この後北京の火鍋を食べるので我慢。 2014-09-02-19-08-02
2014-09-02-19-08-40
2014-09-02-19-09-23
2014-09-02-19-14-48
2014-09-02-19-15-30
2014-09-02-19-16-15
2014-09-02-19-16-44
2014-09-02-19-19-02
2014-09-02-19-19-11


2014年09月07日

北京ダック 全聚徳@北京 前門大街

北京出張の初日。 日曜なので観光を兼ねて故宮紫禁城から天安門を見物。そこから前門大街と言う観光名所に向かう。ここはレトロな北京の雰囲気を演出していて、路面電車を走らせたりしています。ここに北京ダックの名店全聚徳の本店があります。 2014-08-31-21-33-28
2014-08-31-21-32-48
2014-08-31-21-31-58
2014-08-31-21-30-58
2014-08-31-19-09-53
鴨を焼くところがガラス張りになっていて見物出来ます。 2014-08-31-19-07-26
銅像のおっさんがこの店の創業者で、今の焼き方を考案したらしい。 2014-08-31-19-07-48
二人だったので丸ごと一羽は多いのですが、目の前でダックを切り分けるところをみたいのと、写真のカード(自分が食べたのは通算何羽目の家鴨かが書いてある)が欲しかったので一羽丸々を注文。 2014-09-07-18-59-01
2014-09-07-19-16-05
2014-09-07-19-02-05
2014-09-07-19-18-01
2014-09-07-18-52-11
2014-09-07-18-50-30
2014-09-07-19-19-36
実は北京ダックはあまり好きではいのですが、この店のはさすがに今まで食べて来た物よりは美味しいです。 甘いタレだけでは飽きて来るので、辛子を追加注文してみた。 2014-09-07-19-22-59
日本人の私としては辛子が有った方が好みに合いました。 丸ごと一羽に薬味つきで298元(一元17円ぐらい)。 残った骨と肉は持ち帰ることも出来る様なのですが、スープにしてもらいました。 2014-09-07-19-21-20
他に食べたのは、鴨の肝と青菜ときのこの炒め物。ビールはこの辺りの会社でしょう、燕京ビール純生。家鴨尽くしの料理をいろいろと試したかったが、結局これだけでも食い切れませんでした。 2014-09-07-18-56-32
2014-09-07-18-57-46
2014-09-07-19-24-50
この日私たちが食べたのは通算1億9601万9805羽目の家鴨でした。 2014-08-31-20-47-47


2014年09月06日

北京の印象 と言ってもほとんど食べ物ばかり。

今週は一週間北京に出張でした。 機内食は中国の航空会社では定番のアルミ飯(俺が名付けた)。アルミ容器にアルミホイルで蓋された独特な匂いと味付けのもの。深セン航空ではCAに頼むと辛い肉味噌調味料を入れてくれます。実はこれが好きなんだよね。購入したいぐらい。2014-08-31-12-18-09
2014-08-31-12-07-27
2014-08-31-09-51-34
2014-08-31-09-51-30


2014年08月15日

中山公園食堂@上海中山公園

上海の地下鉄2号線、中山公園駅から地下道続きで行ける食堂。
一膳飯屋スタイルで、セルフで好きなおかずを取って、お会計と言うシステム。
image

こんな和食が食べられます。
本当に上海は羨ましいわ。

2014年08月09日

上海料理の隠れ家

去年友達が連れて行ってくれた上海料理の店。
外から観るとアンティーク家具の店ぐらいにしか見えない素敵なところだった。
料理店としての看板も出ていないし自力で再訪は無理だな。
もう一度行きたいね。
imageimageimageimageimageimageimageimageimage

2014年08月08日

魚蛋王@香港

タイトルの店の名前が正しく表示されているかな?
香港で泊まったホテルの近くにあった、大衆的麺屋さん。
香港では朝早くからこんな店が営業してるので朝ごはんを食べたよ。
image

image

運良く美味しい麺に出会えた。
上が牛肉めん、下が魚の加工食品の入った粉。中国では麺と粉と二種あって、麺が日本で言うラーメン的な麺。粉が米の麺。下が粉の方です。
image

セットのアイスコーヒーが超甘いのも香港的。
image


エッグタルト@マカオ ベネチアン

マカオはポルトガル領でしたね。
深センにも売ってますが、やはりマカオでエッグタルト。
image
割と新しいホテル、ベネチアンの中にマカオの有名店が入ったてましたので、食べてみた。
それにしてもこのホテルも巨大だなあ。
迷うわ。
image
ホテルの中にも運河。

2014年08月07日

Mak's 雲呑麺@香港銅鑼湾

この雲呑麺、マジで美味しいかも。
image
たった30香港ドルちょいで、量は少ないけど雲呑海老プリプリっす!
場所はタイムズスクエアの近くですがちょっとわかりにくいかも。ほかの場所にも何店かかありますが、俺はここが好き。
他にも名物は青菜茹でたやつにオイスターソースかけたもの。皆食ってますが、ちょい青臭いかな。
imageimageimage
店の名前。なんと発音するのかわかりません、笑!


2013年07月01日

濠景海鮮酒楼 深セン蛇口

家の近所の広東料理屋を開拓してみた。
広東料理に限らず、ローカルレストランは日本料理や西洋の料理屋に比べて安いです。この店もゴージャスな雰囲気を出してますが、それほど高くはない。

image

この魚の料理はよく見かけます。
赤も緑もどちらも辛い!身を食べるというより、頭周辺を食べる。
最初気持ち悪がっていた妻も気に入った様子。

あとは、、、
image

ガチョウだったかな。これも美味い。

image

ホタテ。牡蠣が無かったのが残念。

image

アワビソースの麺。嫁と子供達が気に入ってた。

image

写真が最後になりましたが、鶏の足ね。
俺のおつまみです。
こちらではポピュラーで、若い女の子もチュパチュパ骨の周りのプリプリ部分を食べてる。

他に、野菜類の皿や餃子も食べてたんだけど、日本で家族五人ラーメン屋で飲み食いするよりちょっと安い!!!
これで嫁のローカルレストラン熱に火がついたかな、、、

2013年06月12日

香港のフードコート探索

香港に日本食材の買い出しに行ったついでに、フードコートを探索してみました。

深セン福田口岸から香港に入り、列車終点のHungHomのJUSCOの前にあるフードコートビル。フードコートと言っても、日本のショッピングセンターのそれというより、個別のレストランが何店舗か入った美食城という感じ。
安い割になかなか美味しく食べられましたよ。

焼きそば、エビチリ、白菜と中華ハムの蒸したもの、青菜炒め。あと写真は無いけどスーラー麺に炒飯にと統一性なく食い散らかして(^^;;
炒飯はあかんかったけどね。

image

image

image

image


2013年05月30日

湖南料理 湖南人家@深セン蛇口

地下鉄海上世界駅近くの「湖南人家」に家族五人で行ってみた。湖南菜は辛くて有名です。

image


中華料理屋としては中級かな。(範囲広いけどね)きっと高くないはず。。。


まずはスープ。

image

よく中華ではこのスープ出てくるけど、ここのは牛肉の出汁が利いてまだいい方かな。

image

この白菜蒸しが秀逸。
大蒜が利いててピリ辛で旨い。下に隠れてる春雨も美味しい。

image

このインゲンみたいなのも、湖南菜ではよく見かける。安くて美味いよ。

image
image

image

image

image


さらにこれだけ食べて、ビールも飲んで300元代。やはりローカル向けレストランは安いですね。
もちろん食べきれず、打包(ダーパオ)して持ち帰り、翌日のおかずにしましたよ。

カテゴリー別ページ
Archives
最新コメント
最新トラックバック




Google
 
Web全体 B級グルメ探索日誌内検索

ラーメン カレー グルメ 静岡 飲食店